KOAの取り組み

「次世代育成支援対策推進法」への当社の取り組み

次世代育成支援対策推進法イメージ

「次世代育成支援対策推進法」は、次代の社会を担う子供が健やかに生まれ、育成される環境の整備を目的とし、101名以上の企業は、社員の仕事と子育ての両立を支援するための計画を策定することとされています。当社では、この法律に基づき、次の計画を策定し、取り組みを進めております。

1.計画期間
平成28年4月1日 ~ 平成33年3月31日
2.目標・対策

目標

育児休業期間中の代替要員の確保や業務内容、業務体制の見直し。


育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業など諸制度の周知。


若年者に対するインターンシップ等の就業体験機会の提供。

対策

育児休業取得者に対し、派遣社員等による休業期間中の代替要員の確保または業務内容・業務体制の見直しにより、育児休業を取得しやすい環境を整備する。


社員が子育て等に必要な情報を手間無く、入手・利用できるように、イントラネットでの関連情報を充実させる。


高校生および大学生に対しインターンシップを実施し、就業体験機会を提供する。